SMAP解散決定にメンバーの説明ないと納得出来ないの声

今夏、8月13日、まさかのSMAP(スマップ)の解散決定の通知が「公式」に、所属するジャニーズ事務所から発表されてしまいました。

SMAPのファンとしては、公式の発表とは言え、実に長年にわたるグループ・スマップへの思い入れとメンバー1人1人に対する愛着があまりに強く大きいのは必然で、解散の本当の理由について、SMAPのメンバーの1人1人の説明がないと、このままではとても納得出来ない!という思いが蔓延(まんえん)しています。

本年(2016年)年頭に起きた解散騒動から、その収束へ向かっていたかのようなここ半年あまりの日々、メンバーの個々の発言は、「解散は無く良い方向に・・」というようなニュアンスであったし、ジャニーズ事務所の社長も「解散無し!」と明言・・。

SMAPの解散決定に至った本当の理由を知りたい!このままでは納得できない!メンバー1人1人に納得できる説明責任を果たしてもらいたい!熱烈な多くのファンによる、このような発言・思いも十分に納得できるものです。

SMAP解散 ジャニーズ事務所のお知らせ

ついに解散に至ってしまったSMAP(スマップ)。平成28年8月13日付で所属する「ジャニーズ事務所」から、SMAP解散のお知らせが公表されました。

ジャニーズ事務所のお知らせ内容を要約すると以下のとおりです。

まず、【2015年の年末、SMAP解散の事態が発生している

▼▼

2016年1月にSMAPメンバーより事務所に残りダルーブ活動を存続させたいという意向を受け、事務所一丸となりSMAPのサポートに尽力してきた。

▼▼

以降、半年以上の時間をかけた、各種企画の提案・教義・議論に加え、個々のメンバー並びに全員との面談を尽くすものの、メンバー数名による「今の5人の状況ではダルーブ活動をすることは難しい」との要望が立ちはだかった。

▼▼

8月に入り、「ダルーブ活動の休止」を提案したが、メンバー数名による「休むより解散したい」との要望があった。

▼▼

事ここに至り、一部メンバーの解散要望が拭えぬ以上、グループの存続は不可能と判断。

▼▼

SMAP解散という苦渋の選択、公表に至った。
メンバー5人の所属はジャニーズ事務所のまま変わらない。
今後とも温かく見守っていただきたい。

以上、お知らせの要約です。

SMAPの各メンバーから解散の理由が聞ける?ラジオ番組

SMAP解散については、一連の解散騒動での報道でも、今般の解散決定のお知らせでも、スマップの【一部のメンバーによる解散の要望】という「根っこ」が存在し続けたことは事実のようです。

このことが改めて「公表」されたことによって、SMAPのファンとしては、釈然としない「一部メンバーの意思」についてはっきりしてもらいたいという思いが募り、1人1人に納得できる説明をしてもらいたい、ということになっているわけです。

この要望に答えるべく?、SMAPのメンバーが解散発表後初めて、解散について肉声で(ラジオで)語る?ことがわかりました。

解散決定公表後にSMAPメンバーの肉声が聞けるラジオ番組の日程は以下のとおりです。関係者は「ラジオはファンを一番近くに感じ、自分たちの言葉を発信できる。ラジオを通して自分の言葉で感謝を伝えたいという思いが強いはず」と代弁しています。

◆稲垣吾郎さん
8月18日(木曜21:30)の文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」で。

◆木村拓哉さん
8月19日(金曜23:00)のTOKYO FM「木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!」(※但し、当局は放送内容につき「お答えできません」としている)で。

◆中居正広さん
8月20日(土曜23:00)のニッポン放送「中居正広のSome girl'SMAP」で。

◆草彅剛さんと香取慎吾さん
8月21日(日曜19:00)のbayfm「SMAP POWER SPLASH」で(※但し、当局は放送内容につき「未定です」としている)。

SMAP解散決定・ジャニーズ事務所の公表全文

以下、「ジャニーズ事務所よりお知らせ(平成28年8月13日付)」より引用

SMAPを応援してくださる皆様へ

「SMAP」ダルーブ活動についてのお知らせ

いつもSMAPに温かいご声援を頂き、誠に有難うございます。

これまで皆様に大変ご心配をお掛けしておりましたSMAPの今後の活動につきましてメン パーと協議を重ねた結果をご報告させて頂きます。

デビューより25年間アーティストとしてダルーブ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日を持ちまして解散させていただくことになりました。

本年1月にSMAPメンバーより事務所に残りダルーブ活動を存続させたいという意向を受け、事務所一丸となってSMAPをサポートするべく各部署で様々な準備を進め、2月より8月10日まで半年以上の時間をかけて個々のメンバー並びに全員と面談を重ね、例年通りの音楽番組への出演、ファンの皆様への感謝をこめたコンサートの開催、更には冠番組の20周年とCDデビュー25周年を記念したイベントの企画等を提案し、協議を進めて参りました。しかしながら、議論を続ける中で「今の5人の状況ではダルーブ活動をすることは難しい」というメンバー数名からの要望を受け、7月の音楽特番を辞退させていただいた経緯がございました。

8月に入り、待っていてくださる方々の為にも、落ち着いて考える時間を持ち、前向きな状況が整うまでダルーブ活動を暫く休むことを提案致しましたが、メンバー数名より「休むより解散したい」という希望が出たことを受け、苦渋の選択ではございますが、これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重し、全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンパーがいる状況でのダルーブ活動は難しいと判断し、本日の御報告となりました。

25周年のコンサートやイベントを待ち望み応援してくださっているファンの皆さまのご支援とご期待に応えることが出来ず、本当に心苦しく、私共の力不足をお託び申し上げます。誠に申し訳ございません。

本年を持ちましてSMAPは解散させていただくことになりますが、5人それぞれの所属が変わることはなく、より一層個人活動につきましては精進して参ります。

彼らの活動を、これまで同様温かく見守っていただけましたら幸いです。

今後ともご支援いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社ジャニーズ事務所

こちらの記事も一緒に読まれてます。