おしゃれな自転車ウェアについて

おしゃれというのは、服装や身なり、お化粧などに気を配ることや美しく装うこと、また機転が利き気が利き垢抜けしていることを言うそうです。では、おしゃれな自転車ウェアとはいったいどういうものを言うのでしょう。

まず、気を配って美しく装うと言っても美しさの基準は人様々。垢抜けしていると言っても自己満足では恥ずかしい限り。自転車ウェアといってもファッション性を考えるとかなりのセンスとスキルが必要なのでは?と思ってしまいます。

しかし、おしゃれな自転車ウェアというからには自転車自体もおしゃれで自転車に乗る人のサイクルウェアもおしゃれでなければならないと思います。

おしゃれな自転車屋さんで探す

おしゃれな自転車はおしゃれな自転車屋さんで探すのが良いと思います。垢抜けてオシャレな自転車屋さんのセンスは販売する自転車のセレクトにも目が行き届いています。そんな、自転車屋さんであれば、一緒に販売している自転車ウェアにもこれはというものが見つかる可能性大と言えましょう。

サイクルウェアをネットで散見する

忙しい現代人のこと。自転車ウェアはお店に行って直接見て触り、着てみることが一番ですが、なかなか取れないのが時間。やっと作った時間に慌しく自転車ウェアをチョイスしてしまって、後でしまった!では後の祭りです。日ごろからインターネットで色々な自転車ウェアを見ておくことも大切だと思います。

防寒対策で自転車と向き合う

防寒対策が疎かだと、自転車も自転車ウェアもおしゃれであっても、乗る人の心がお洒落にはなりません。これからの冬の季節には防寒こそおしゃれという考えで良いのでは。この発想は「らしさ」にこそ垢抜けたセンスがあるという考えから来ています。私の勝手な発想ですが・・。デザインはそこそこでも寒い思いをしないで済む自転車ウェアをまずはセレクト。まずは自らが自転車ウェアを着てしまって、そこから周囲のセンスを感じ取るようにするとリアルな美的感覚が磨かれます。

自転車用の手袋もおしゃれな自転車ウェアの一つ

自転車用手袋も自転車ウェアの一つであることを忘れていけません。自転車もウェアも仮に地味であったとしても、素敵なグローブ(手袋)は人の目をハット惹く力があります。なによりも防寒と保護に必要な手袋は、それがお洒落であることで自転車に乗る人の心もおしゃれにしてくれます。