三輪自転車の価格(値段)と売れ行き・操作性能

三輪自転車は二輪の普通の自転車に比べ、使われる部品が同等品質でも、二輪より「値段の高い」設定になっています。この三輪自転車を必要とする人には「自転車に乗れない」という条件の人が該当します。

ご高齢の父母や親戚・知人に、プレゼントとして三輪自転車を贈るケースが多く、この場合、三輪自転車を贈られる方の「父母」等は、かつて普通の二輪自転車に乗れたものの、体力・脚力が低下して、二輪自転車では危なくなった(乗れなくなった)・・という理由が挙げられます。

後二輪の仕様の三輪自転車には、リアキャリアに大量の荷物が積めるというメリットがあります。この点、私個人としては興味がないわけではありませんが、二輪の自転車(ママチャリ)で十分に用が足りているので、あまり必要性を感じていません。

三輪自転車の売れ行きと操作性

三輪自転車は二輪車に比べて値段も高く設定せざる得ないため、売れ行きの方もかなり低い観があります。実際街中を見渡しても、あまりお目にかからないように思います。しかし、三輪自転車の売れ行きが二輪車に比べて芳しくないのは値段設定ばかりではありません。

三輪自転車は、停止状態で乗っていても倒れないので「良い」ように思いますが、実は、走行時の操作性(かじ取り)が二輪とは全く異なり、かつて二輪に乗っていた人でも初めは戸惑いを覚える程です。大人用の三輪自転車の存在を知らない人もいらっしゃいますが、買ったけれども「乗るのをヤメタ」という人が多いのです。 この点、筆者としては、大人用の補助輪を二輪自転車に装着することをおすすめします。大人用の二輪自転車用の補助輪が出回ること自体、三輪自転車の売り上げが伸びないことの証左とも言えましょう。

二輪の自転車に乗れるようになると便利かつ幸せ

子供乗せ専用の自転車に小さな子供を乗せ、かつ、リアキャリアにも子供も乗せ用のカゴシートを搭載して、3人乗り状態でもって街中をスイスイ進む若いママに出くわしたことがあります。その自転車は二輪車でした。子供乗せ専用の自転車はけっこう高価です。加えて子供乗せカゴの連装となるとバカにならない値段です。実際、普通の買物用の三輪自転車よりかなり高価になるはず。それでも若いママが二輪車を使う理由は何なのでしょうか。

3人乗り状態の自転車で進む若いママを傍で見たときの印象は、三輪自転車の方が安定していて安全なのではないかというものでしたが、自転車に乗れる身の上からすると、安定して街中をスイスイ進むには、いかに荷物が多くとも二輪車の方が扱い易いという事実があります。出前のお兄さんシカリなのです。扱いやすいということは便利、かつ、幸せなのであります。

三輪自転車の中には、前二輪の三輪自転車が存在します。しかしこちらは、二輪車に乗れる人がより安定して乗るための仕様です。このように考えると、自転車に乗れないので三輪自転車が欲しいという要望に対しては、二輪車に乗れるようになって自転車の楽しさを満喫して欲しいという思いが募るばかりです。