自転車空気入れの口金とバルブ

自転車の空気入れは少しでも自分の自転車に愛着を持つ人であればあたりまえのように使っていますが、自転車のオーナーでありながら、自分の自転車に自分で空気を入れたことのない人がけっこう多いのには驚きます。また、ご自分の持つ空気入れで自転車に空気を入れている人でも、空気を入れる自転車とその車輪の種類によっては空気入れが出来ないということを知っている方は少ないようです。

一般に最も普及している自転車はママチャリと呼ばれるもので、ホームセンターや量販店で、格安・激安の価格で販売されているものも少なくありません。そして同じホームセンターで販売されている自転車の空気入れは、このママチャリ用のものであることがほとんどです。

ホームセンターで販売されている縦長T字ハンドルの空気入れは最も普及しているタイプです。これはママチャリのタイヤから出ているバルブの形式に適合しているので問題なく普及しているだけで、実は自転車のタイヤ側のバルブには「仏式」「米式」「英式」と3種類があり、それぞれに適合した「口金」が空気入れ側にないと空気を入れることはできません。

ママチャリのタイヤから出ているバルブは英式でホームセンターの自転車用空気入れの口金も英式対応になっているということです。ホームセンターの空気入れの中にはその他に米式対応の口金がアダプターとしてついているものがありますが、仏式対応は見かけません。

関連ページへのリンク