自転車のライト

自転車用のライトは日常の足であるママチャリ購入時には初めからついていますが、ダイナモの回転軸がタイヤのゴムに接するタイプのもので、こげばこぐほどライトは明るくなりますが音も大きくなりさらには走行の抵抗もバカになりません。

これを解消すべく、前輪の軸の部分にダイナモを取り付けたタイプのものがあり、タイヤゴム接触型とは比べられないほどの快適性が得られるようになりました。しかし、もっと明るく遠くまで照らしたいというニーズには強いものがあり、バッテリー式のライトを装着する人も多い実情です。

近年、LEDライトの技術向上によって、自転車ライトのみならず、家庭用の照明にまで省エネ・省電力が及んでいます。これによって、バッテリー式の自転車ライトも格段に少ない消費電力で使用できるようになったことは目を見張るばかりの朗報と言えましょう。

関連ページへのリンク